にしだカイロプラクティック式 身体メンテナンスBLOG

2013年5月 のアーカイブ

原因不明のめまい 福岡市博多区在住

30代 女性 原因不明と言われためまい

 

〈問診〉

数ヶ月前から目がぐるぐると回っているような状態に襲われ、目を閉じても揺れが治まらなかったので、心配になりすぐに病院で検査を受けた。

しかし、特に問題はないと言われ原因が分からず連日悩まされている。

今回、友人の紹介で来院した。

 

めまいとは

 

*中枢性めまい

症状は軽いことが特徴で持続性があります。注視方向性眼振や他の神経症状を伴います。

脳幹障害や小脳障害、脳血管障害、腫瘍、変性疾患などが原因で起こることが多いです。

 

*末梢性めまい

このタイプのめまいは前庭性と内耳性に分けられます。

 

・前庭性めまいは原則として難聴と耳鳴りを伴いません。

例)良性発作性頭位めまい症(BPPV)や前庭神経炎が含まれます。

 

・内耳性めまい原則として耳鳴りや難聴を伴います。

例)メニエール病や突発性難聴などが含まれます。

 

*頚性めまい

首の歪みにより関節の機能障害や筋緊張が高まり末梢性めまいの様な症状が現れます。

一般的に良性発作性めまい(BPPV)に含まれることがあります。

 

〈検査・治療〉

このケースの場合、既に病院で問題ないと言われているので、危険性が高い中枢性めまいの可能性は低く、眼振、眼球運動、瞳孔反射や小脳機能に異常がみられませんでした。

その為、頚性めまいの可能性が高いと考えられました。

 

初診の施術後にはめまいも軽減し、3回目の施術後にはめまいは感じられませんでした。

仕事で疲労が溜まると少しめまいの症状が現れるとのことで、今は3~4週間に1度の間隔でメンテナンスケアを行っています。

 

 

にしだカイロプラクティック

 

〒815-0033

福岡県福岡市南区大橋3-12-5

TEL 092-541-9152 予約制

 

【診療時間】

平日 09:00-19:30(18:00~完全予約制)

土曜 09:00-16:00

休診 木曜午後、日曜、祝日

 

【最寄りの駅】

○西鉄天神大牟田線大橋駅西口より徒歩5分

 

2013年5月31日 金曜日 カテゴリー: めまい, 症例報告 | コメントはまだありません »

身体が重ダルい 福岡市南区在住

30代 女性 体が全体的に不調

 

〈問診〉

30代 女性 OL 

いつ頃からか覚えていないぐらい前から体全身の怠さ、筋肉が引っ張られる様な痛み、肩こり、寝つきの悪さ、

体温が低下するような感覚、食欲減退を訴えて来院。

会社の上司に相談したところ当院を紹介され来院した。

 

10代の頃、自律神経失調症と診断され、心療内科に通院していた。現在症状はない。

 

〈現在の症状〉

・全身の筋肉がこわばっている

・どの方向に動かしても首に痛みを感じる

・慢性肩こり

・寝つきの悪さ

・食欲がない

 

〈検査・治療〉

首の可動域検査で全て痛みがあり、全身の筋緊張も高い状態であった。更に背骨・骨盤の歪みが顕著にみられた。

背骨・骨盤の並びが不正列で自律神経の働きの乱れを引き起こしていると思われました。

この方は今までにカイロプラクティックの治療を受けられたことがないので、一度に全ての歪みを整える施術は行わず、数回に分けて調整をするように計画を立てて施術を行いました。

その結果、初回の治療でかなり身体の状態が改善し、数回の施術で体がすっかり別人のように改善しました。

 

今回のケースの様に複数の症状が存在する場合、背骨の歪みが原因の場合が多くみられます。

このような症状でお悩みの方は是非ご相談下さい。

 

 

にしだカイロプラクティック

 

〒815-0033

福岡県福岡市南区大橋3-12-5

TEL 092-541-9152 予約制

 

【診療時間】

平日 09:00-19:30(18:00~完全予約制)

土曜 09:00-16:00

休診 木曜午後、日曜、祝日

 

【最寄りの駅】

○西鉄天神大牟田線大橋駅西口より徒歩5分

 

2013年5月30日 木曜日 カテゴリー: 肩こり, 自律神経失調症, 首の痛み | コメントはまだありません »

寝違えて起きたら首が痛かった! 20代 女性 福岡市南区在住

寝違え(初めての経験)  

 

〈問診〉

20代 女性 初めての寝違えを訴えて来院。

朝起きると首が痛くて起き上がるのが辛かった。

前後左右、左右の振り向き全ての動きで痛みがあり、首を後ろへ反らすのが一番首に痛みを感じる。

吐き気、腕への痺れはない。

 

〈症状〉

・首を前後左右の動き全てで左首に痛みを感じる。

・痛みで振り向くことも出来ない。

 

 

〈検査・治療〉

首の可動域は全ての動きで減少がみられる。

触診すると、痛みの部分の筋肉が過剰に緊張している。

姿勢は左方が前方に変移している。

 

まずは、その筋肉に悪影響を及ぼしている周辺の筋肉から負担を減らしていくように調整を行った。

ひとつひとつの治療後にどのぐらい首の可動域が回復したか、それから触診し筋緊張が軽減したか確認した。

施術後、首の可動域は広がり痛みも減少した。しかし、まだ制限は見られる。

 

症状が急性期の為、2日後に再度来院してもらった。

 

治療翌日には痛みが更に軽減しており2回目の来院では首の痛み80%軽減。可動域も80%回復していた。

筋肉には痛みが残っていたので、継続治療を行った。

 

3回目にはほとんど症状がなくなっており、

アクティブな検査を加え、全体的なバランスをとる治療にシフトした。

その後3回来て頂き、再発防止の為の施術を行った。

運動療法も取り入れ、積極的に行うことにしていただいた。

 

寝違えは放置しておくと慢性的な張りが残ることが多く、寝違えを繰り返しやすい不安定な状態になってしまいます。

早めに適切な処置・アドバイスを受けるようにしましょう。

 

 

腰痛・肩こり・頭痛・整体院をお探しなら

 

福岡市南区唯一のWHO基準 にしだカイロプラクティック

 

〒815-0033

福岡県福岡市南区大橋3-12-5

TEL 092-541-9152 予約制

 

【診療時間】

平日 09:00-19:30(18:00~完全予約制)

土曜 09:00-16:00

休診 木曜午後、日曜、祝日

 

【最寄りの駅】

○西鉄天神大牟田線大橋駅西口より徒歩5分

2013年5月29日 水曜日 カテゴリー: 寝違え, 症例報告, 首の痛み | コメントはまだありません »

目の疲れ(眼精疲労) 南区平尾在住

30代 男性 眼精疲労

 

〈問診〉

30代男性 仕事は毎日パソコンを使用している。4年ほど前から視力が急激に低下し、その時期ぐらいから目の疲れや違和感を覚えるようになった。

症状が酷くなると、目がゴロゴロして気持ちが悪いとのこと。

 

〈現在の症状〉

・パソコンを使用すると眼精疲労を感じる

・酷いと目がゴロゴロする

・酷いとめまいが出て気分が悪くなる

 

〈検査・治療〉

首を右に向くこと、首を後ろに反らす動きが減少していました。

眼性疲労の主な原因は、いわゆる神経過敏のような状態といえますが、眼を動かす筋肉や神経に疲労が認められることがあります。
その要素として、眼球の筋肉、首から眼に供給される神経の疲労、さらには顎の不調が関係することがあります。

この患者さんのケースでは筋肉・神経の疲労の要素を改善するように施術を進めていく必要がありました。

 

施術を行う上で重要なことは、

・眼球筋の緊張を緩めること

・首の歪みを解消すること

この二点をご説明し、施術を行いました。

 

仕事中に眼精疲労を感じた場合、遠くを見ること、それからお伝えした首周囲の簡単ストレッチを毎日行ってもらい、

2週間の間に3回の施術を行いました。

その結果、眼精疲労に明確な改善が認められました。

デスクワークは不良姿勢からくる悪影響や画面を注視し続けることで起こる眼のトラブルの大きな引き金になりますので、

お困りの場合は、早めの施術とアドバイスを受けることが必要です。

 

にしだカイロプラクティックでは、にしだ眼科に隣接しておりますので、危険性が高い場合は専門医を紹介することが出来ます。

安心してご来院下さい。

 

 

にしだカイロプラクティック

 

〒815-0033

福岡県福岡市南区大橋3-12-5

TEL 092-541-9152 予約制

 

【診療時間】

平日 09:00-19:30(18:00~完全予約制)

土曜 09:00-16:00

休診 木曜午後、日曜、祝日

 

【最寄りの駅】

○西鉄天神大牟田線大橋駅西口より徒歩5分

 

2013年5月28日 火曜日 カテゴリー: 症例報告, 眼精疲労, 首の痛み | コメントはまだありません »

慢性な肩こり 30代女性 福岡市中央区在住

 30代女性、医療系の研究所に勤務して約10年。就職後後から慢性的なひどい肩こりに悩まされてきたそうです。
時には激しい頭痛や腕に痺れが出現することもあるそうです。
研究の為に顕微鏡を長時間使用することが多く、色々な整体やマッサージ、鍼治療などを受けてきたが、施術後は幾分すっきりしても、翌日には元の状態に戻るという経験を何度なさってきたそうです。

〈分析とそのポイント〉
このように、色々な施術を試してきたが改善がなくてというケースは少なくありません。

中には、慢性化が深刻すぎて回復するまでに施術を重ねなければならない場合や、

状態によっては改善が困難であると言わざる得ない場合もあることは認めざるを得ません。

このような難治なケースでは、まず何よりも再評価が最も重要になります。適切な施術が出来ているか否かの前に、

適切な評価と見立てが出来ていない場合があります。

中には、単純な肩こりと患者さんが訴えてこられても、その原因に内臓病変が隠れている場合も少なくありません。

私は全ての可能性を考えながら、問診と分析において鑑別評価をしました。

結果、この患者さんが今まで様々な施術で改善しなかった原因の可能性を探し出しました。

この患者さんの首こり・肩こりの真犯人は「」です。


口を開くときに右側に顎が偏っていく癖を発見し、その為に左右の顎の筋肉バランスが崩れていることが原因と考えました。

顎・頚椎・肩甲骨は小さな筋肉群で直接連結された一つのチームのようなものです。

顎の異常は首コリや肩こりの原因となることがあるのです。

 

〈施術と経過〉
施術は二週間の間に3回の施術を行い、顎の施術を中心に首(頚椎)や肩甲骨周辺のバランス調整を行なっていきました。

3回目・4回目の段階で自覚されていた首こり・肩こりはほぼ感じない程度まで回復し、月に1回程度の施術と、

2日の1回の自宅で出来る簡単肩こり体操で良い状態をキープし、より快適な状態を高めています。

 

 

にしだカイロプラクティック

 

〒815-0033

福岡県福岡市南区大橋3-12-5

TEL 092-541-9152 予約制

 

【診療時間】

平日 09:00-19:30(18:00~完全予約制)

土曜 09:00-16:00

休診 木曜午後、日曜、祝日

 

【最寄りの駅】

○西鉄天神大牟田線大橋駅西口より徒歩5分

 

2013年5月27日 月曜日 カテゴリー: 手の痛みやしびれ, 症例報告, 肩こり, 頭痛 | コメントはまだありません »

頭痛について

頭痛

頭痛とは

頭部に感じる痛みの事で、表面的ではない痛みのことです。

一週間・数ヶ月に何回も感じる人、前方・頭の上(頭頂部)・後頭部・はちまき状・全体的に痛むなど人それぞれで、薬を手放すことが出来ずにいる方もいると思います。

 

痛みの質も違います。“ドクン ドクン”と拍動する痛み、鋭いまたは鈍く痛む、締め付けられるような痛み、

ハンマーやバットで殴られた様な痛み、髪をとくだけで頭が割れるぐらい痛い、めまいや吐き気を伴う頭痛と様々です。

 

・片頭痛(偏頭痛)・筋緊張性頭痛・頚椎原性頭痛

 

この3つは命に危険性がない頭痛で、臨床の中でも多くみられるタイプです。

しかし、中にはくも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫など命に関わる頭痛もあります。

 

頭痛により失神してしまった、初めて頭痛を感じた、普段はない頭痛に手足の痺れ・ろれつが回らないなどの症状が現れた場合は頭痛外来または脳神経外科へ受診しMRIやCTの精密検査を行い重篤な疾患ではないかどうか確認してください。

 

カイロプラクティックの施術は、筋肉の緊張が原因の緊張性頭痛、血管の拡張から生じる偏頭痛に対し、とても効果があります。

 

・週に何度も薬を飲んで、だんだん薬が効かなくなってきている

・肩こりが酷くなると頭痛を感じる

・お酒を飲むと頭痛が感じる

・妊娠中で頭痛薬が飲めない

 

そんな頭痛で悩んでいる方は、一度カイロプラクティックの施術を受けられることをおススメします。

 

 

にしだカイロプラクティック

 

〒815-0033

福岡県福岡市南区大橋3-12-5

TEL 092-541-9152 予約制

 

【診療時間】

平日 09:00-19:30(18:00~完全予約制)

土曜 09:00-16:00

休診 木曜午後、日曜、祝日

 

【最寄りの駅】

○西鉄天神大牟田線大橋駅西口より徒歩5分

 

2013年5月24日 金曜日 カテゴリー: 症例報告, 眼精疲労, 頭痛, 首の痛み | コメントはまだありません »
ご予約・お問い合わせはこちら