にしだカイロプラクティック式 身体メンテナンスBLOG

2014年9月 のアーカイブ

慢性腰痛 40代 男性 福岡市中央区在住

慢性腰痛 40代 男性 福岡市中央区在住

〈問診〉
腰痛は20数年前の学生の頃から感じている。
その当時、整形外科で腰椎分離症と診断された。ここ数年は中腰になる姿勢が続いたとき、朝起きてからの腰痛が特に辛い。
今回ネットで調べてにしだカイロへ受診した。


〈現在の症状〉
・腰全体に痛みを感じる
・中腰が続くと痛む
・起床時の腰痛
・普段からストレッチを行い運動も時々行っている。

〈既往歴〉
・内側半月板損傷
・膝の靭帯損傷(内側側副靭帯)
・肩甲骨骨折

〈検査・治療〉
検査をしてみると普段からストレッチを行っているおかげか同年代の方々と比べると柔軟性はあるように思えた。
しかしインナーマッスルの機能が低下や、柔軟性が低く過緊張している筋肉もありバランスが悪くなっていた。
初回はこれらのバランスが整うように調整を施した。

2回目の来院は3日後。
腰痛は前よりも良くなってきていると思う。と嬉しい報告を受ける。
前回同様にバランスを確認後それらの調整と肩関節や足首の状態も安定するように施術した。

3回目の来院は12日後。
右よりも左側の腰痛が強く感じる。
腰に負担がかかりにくように全体的なバランスを調整した。
一部の柔軟性を高める為に自宅で簡単に出来るストレッチを行ってもらうようにした。

4回目の来院は7日後。
前回の腰痛から凝りに変化した。職場で緊張すると首が痛くなるとのことで、この症状も含めて検査を行った。
すると首の歪みにより筋肉の緊張が強くなってしまう状態だったので、その歪みも調整した。

5回目の来院は7日後。
まぁ少し腰が凝っているかなぁ程度にまで軽減してきている。
一週間の間、職場で緊張する時があったが、首は全く痛くならなかった。
症状もそれほど辛くないようなので、今回より来院間隔を広げてメインテナンスするようにした。
今は2週間に一度の間隔でメインテナンス中であるが、より安定したら間隔をさらに広げていく予定である。

〈院長より〉
膝の半月板や靭帯を損傷した経歴があるので、そこへ負担がかかり腰に影響を与える可能性があった為、
適切なメインテナンス間隔を知る必要がありました。
間隔を空けていくには患者様が自宅できちんと体操やストレッチなどを行ってもらう必要があります。



腰痛・肩こり・頭痛・整体院をお探しなら

福岡市南区唯一のWHO認定院 にしだカイロプラクティック

〒815-0033
福岡県福岡市南区大橋3-12-5
TEL 092-541-9152 予約制

【診療時間】
平日 09:00-19:30(18:00~完全予約制)
土曜 09:00-16:00
休診 木曜 第3水曜

【最寄りの駅】
○西鉄天神大牟田線大橋駅西口より徒歩5分

2014年9月3日 水曜日 カテゴリー: 症例報告, 腰 痛, 首の痛み | コメントはまだありません »
ご予約・お問い合わせはこちら