にしだカイロプラクティック式 身体メンテナンスBLOG

2018年10月20日 のアーカイブ

椎間板ヘルニア 腰痛 30代 女性 福岡市南区在住

椎間板ヘルニア 腰痛 30代 女性 福岡市南区在住
〈問診〉
ずっと腰痛に悩まされていたが、約2年前にブロック注射で腰痛は一度緩和した。
しかし、その数ヶ月後に再発し、今度は動けなくなり整形外科で椎間板ヘルニアのオペをして激痛は緩和した。
それからもずっと腰痛はあったが、ごまかしごまかし生活していた。
だが最近また腰痛が酷くなり、動くと腰にズキッと感じる。
仕事で座っていることが多く、長時間座ると立ち上がることが出来なくなる。
カイロプラクティックの施術は経験がないが、オペは避けたいので来院を決意した。

〈現在の症状〉
・腰痛
・腰痛が酷いため逃避姿勢をしている
・座る→立つが出来ない
・仰向けになれない
・ブロック注射経験済み
・椎間板ヘルニアのオペ経験あり

〈検査・施術〉
真っ直ぐ立つことが出来ない。仰向け・うつ伏せで腰痛再現。
知覚・運動・反射全て正常。
整形外科学検査を行うと椎間板ヘルニアの可能性が低かった。
股関節に付着する筋肉が正常に機能しておらず、腰と股関節に負担をかけていた。
それから皮膚の状態(腰)も悪く関節に悪影響を与えていた。
これらの問題が改善するように施術を行った。
そして出来る範囲でエクササイズもお伝えした。

2回目の来院は4日後。
真っすぐ歩いて来院。靴下がはけるようになった。腰痛はまだあるが動きやすくなった。
明らかに前回の施術前より状態が良いのが分かる。
まだ様々な箇所で負担を掛けているので、継続的に施術を行った。

3回目の来院は7日後。
仰向けから起き上がる時にズキンとくる。しかし日常生活では腰痛は感じていない。
かなりの改善傾向である。
皮膚の柔軟性も初回に比べ改善傾向である。
股関節の可動性が悪くインナーマッスルの状態が少し悪かった為、それらも含め施術を行った。
施術後の検査で股関節は正常に可動するように変化した。
その後状態が良くなり、徐々に間隔を広げ、悪くなる前にメインテナンスをしています。

あなたの大切な体です。オペをされる前に何をすべきか考えてみましょう!
私もヘルニア(MRI)で辛い時期がありました。歩けませんでした。でもオペはしていません。
今では快適に走れます。
私もカイロプラクティックに助けられた一人です。
少しでもあなたの助けになるよう、全力で施術させて頂きます。
お気軽にお問合せ下さい。

頭痛・腰痛・肩こり・矯正・骨盤矯正・整体院をお探しなら

福岡市南区唯一のWHO認定院 にしだカイロプラクティック

〒815-0033
福岡県福岡市南区大橋3-12-5
TEL 092-541-9152 予約制

【診療時間】
平日  09:00-19:30(18:00~完全予約制)
土日祝 09:00-16:00
休診 木曜 第3水曜

2018年10月20日 土曜日 カテゴリー: 症例報告, 腰 痛, 足の痛みやしびれ | コメントはまだありません »
ご予約・お問い合わせはこちら